「カド番大関が勝ち越しできればいいと思って臨んだ本場所で、思わぬ全勝優勝を果たした。衆院選の結果に一番驚いているのは安倍晋三総裁ではないか」──。自民党選対幹部はこう解説した。安倍自身も投開票日から一夜明けた12月17日午後の記者会見で率直な思いを口にした。「自民党に完全に信頼が戻ったとは言えない」確かに選挙戦を振り返ると与党民主党が小選挙区候補者を立てられない選挙区が続出、結果として事実上の「自民党の不戦勝」がいくつもあった。第三極も「稽古(経験、実績)」が足りずに相撲にならなかったと言っていい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。