iPhoneは、比較的バッテリーが長く持つが、それでも丸一日使い続けるのは難しい。早朝の出勤でニュースなどを見て、昼間は仕事の情報を調べたり、メールのやりとりをしていると、残業中にはバッテリーが切れてしまう──こんな経験をした人も少なくないだろう。もちろん、最善の策は外付けのバッテリーを使うことだが、荷物になるし、接続が面倒だ。少しでも節電して、長時間使いたいところだが、iPhoneには節電専用のメニューはなく、さまざまな設定を切り替えて電池を長持ちさせるのが基本だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。