2009年5月に「ジャンプスクエア」で連載を開始して以降、お陰様で『青の祓魔師(エクソシスト)』(略称「青エク」)が12年12月末発売の単行本10巻で、シリーズ累計発行部数1000万部(国内)を突破します。「サタンの息子がエクソシストを目指す」という苛烈な運命を背負った主人公・奥村燐の成長を描いた作品です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。