社長就任後12年が経過するサントリーホールディングスの佐治信忠会長兼社長。ここ数年「あと2年ほどで社長を次世代に譲りたい」という発言を繰り返している。オーナー企業のサントリーは、社長の在任期間がこれまでもかなり長い。1899年の創業から今までたった4人の社長しか出していないことからも、それはわかる。それでも、11年間社長を務めた先代の故・鳥井信一郎氏の例を見ても、12年という在任期間を数えた佐治社長は、後継指名のタイミングに差しかかっていると見ていい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。