石原慎太郎氏の突然の辞職で12月16日に実施される東京都知事選。衆院解散でまさかの「ダブル選挙」となり、いつもの都知事選とは様相が一変した。著名人が乱立し、知名度を競う従来型ではなく、政策を競う本来の選挙戦が期待される。争点は石原都政の継続か転換か。大都市・東京が抱える構造的な課題をレポートする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。