「IBM本社は、日本法人社員は半分でいいと思っているようだ」IT業界の人材動向に詳しい関係者は打ち明ける。日本IBMといえば、かつては人気企業ランキングの常連で、世界のIT業界でも先頭を走っていた企業だ。現在も米本社では、好調を持続しているが、「利益の拡大は新興国で、北米を含む先進国は頭打ち」(同)。社員がだぶついている日本法人に大きなメスが入る可能性があるというのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。