私が若かった時代に比べれば、今では業務遂行上のマニュアルやツール類が整っているので、一定水準の品質は確保できている。だが、あまり便利になり過ぎると、よくないのではないか。「魂を込めて仕事をする」というやり方から、「単に仕事をこなす」という方向に向かう危惧がある。そこには、必ず人間が介在することを忘れてはいけない。だから私は、「話をしなさい」と言っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。