地図情報が今後ビジネスの要諦になることは特集でも取り上げましたが、地図はこれから行く場所を教えてくれるものであると同時に、自分の現在を見つめ、歩いてきた道を振り返るためのものでもあります。私たちが地図に対し無意識に抱く感情に触れる“何か”があったからこそ、アップルiOS地図問題はあれほどの騒動になったのではないかと思います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。