最近はコンピュータがプロ棋士を破ったりするようになってきたが、コンピュータはどこまで人間に近づいたのだろうか? コンピュータの能力が人間並みになったかどうかの基準として「チューリングテスト」というものがある。これは、数学者のアラン・チューリングが1950年に考えた試験で、審判が壁の反対側に置いたコンピュータおよび人間(サクラと呼ばれる)と問答して、人間とコンピュータを区別できなければ「コンピュータは人間並みに考えることができる」とするものである。この試験の面白い点は、「人間とは何か」という哲学的な問題に直結することにある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。