「高台なのか、浸水した地域なのかが区別できない。早く地図と写真を用意してくれ!」2011年3月、東日本大震災の発生直後、NTT空間情報の猪瀬崇社長の元に、ヘリコプターで被災地を視察したNTT東日本の江部努社長(当時)からそう電話が入った。猪瀬社長は緊急対応部隊を設け、衛星写真を用意し、自前の地図に昼夜問わず浸水エリアを書き込んでいった。縮尺は5000分の1まで詳細に示して、NTT東の設備情報も地図に載せた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。