かつて栄華を誇った日本の半導体産業が苦境にあえいでいる。産業革新機構から近く支援を受けるルネサスエレクトロニクスをはじめ、各社の半導体事業は軒並み赤字で再編待ったなしだ。だが、世界に目を向けると、半導体産業そのものは決して縮小傾向にないこともわかる。産業構造の変化に対応できず、没落していく日本の姿がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。