住み慣れた自宅で死を迎えたいと思う人は多い。そうした希望を支える仕組みの一つが訪問看護だ。かかりつけ医の指示を受けて看護師や理学療法士が自宅に訪問するもので、医療費削減につながるとの期待から制度は1992年にスタートした。現在の事業所数は5119カ所。ピーク時からはやや減少している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。