近年、救急車の受け入れ台数を飛躍的に伸ばし、神奈川県で3位になったのが川崎幸病院だ。1973年の開業以来、全国の病院に先駆けて入院、救急と一般外来を分離し(一般外来は独立した系列クリニックが担当)、救急・急性期医療に特化してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。