医師が自宅やカフェにいても、緊急の診断・治療に対応できる時代が到来した。東京慈恵会医科大学病院では2010年、スマートフォンやタブレット型端末を用いた遠隔画像診断・治療の補助システム「i-Stroke」を導入した。狙いは脳卒中の診断と治療の迅速化である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。