近年、脳卒中の治療は表4‐6のように、薬物療法、血管内治療(手術)、外科手術と選択肢が広がった。脳外科と神経内科の医師が連携して、患者の病状や重症度、年齢による体力などから、それぞれの治療のメリットとデメリットを勘案し、最善の方法を選択する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。