三菱重工業で今年、社長交代が起こりそうだ。2008年に就任した大宮英明社長(66歳)は、トップ就任5年目に突入し、「続投する大義名分がない以上、今年は交代するはず」との見方が趨勢を占める。その背景には、大宮社長が牽引してきた構造改革が軌道に乗ってきたことがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。