われわれは日々懸命に、いいモノやサービスを生み出そうと努力している。しかし、得てしてその努力は、単なる「目新しさ」に向かって注がれるだけであり、「イノベーション」にはつながっていない。その結果、似たようなチューインガム(かんですぐに捨てられる)製品が山ほど市場に溢れ返るが、本当に欲しいと思えるものはなかなか見当たらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。