取引先が倒産の心配のない優良会社ばかりということはまれだ。倒産リスクがある相手とも取引をする限り、取引先倒産のリスクが常に存在する。「オール・オア・ナッシング法」は、会社を信用力のある「適格先」と経営に不安のある「不適格先」に分け、適格先なら無制限に取引できるが、不適格先には掛売りなどの与信が発生する取引を認めない方法だが、万全とはいえない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。