2011年度はオリンパスや大王製紙など大手企業の粉飾決算が注目された。東京商工リサーチの調査によれば、不適切会計が発覚した企業は過去2年で急増している。その理由や手口を探った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。