東京や大阪から札幌、福岡まで5000円──。従来のエアラインの常識を覆す低価格をもって、国内にLCC(格安航空会社)3社が就航した。今夏の平均搭乗率は85%と滑り出しは上々で、誕生1年で航空機10機体制を計画するなどその成長スピードは目を見張る。同時に欠航を繰り返すなど課題も浮上。急成長するLCCの猛威と死角を検証した。 

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。