アップルのデザイン体制の特徴を挙げるとしたら、まずデザインチームがごく少人数で構成されていることだろう。少人数体制を可能にしているのは、商品のアイテム数自体が少ないからである。むやみに商品数やバリエーションを増やすと手間がかかり、完成度も上がらない。商品数を極端に絞るという経営判断があるからこそ実現する組織形態だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。