新型コロナウイルス禍を受け、孫正義会長兼社長が主導する投資ファンド事業で巨額赤字を計上したソフトバンクグループ。10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資先企業で構成する“帝国”は崩落の危機にひんしている。カリスマ経営者としての成功神話が揺らぐ中、孫氏は未曽有の危機を乗り越えることができるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。