ダイヤモンド編集部の独自試算で、2022年度以降に153JAが赤字に転落することが分かった。JAの大淘汰が加速している。一方、激変期にある農業に商機を見いだしたトヨタ自動車や三菱商事などの企業は若手の有力農家の囲い込みを始めている。消える農協と攻める企業──。農業の主役交代が鮮明になりつつある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。