第4の携帯電話事業者、楽天が2020年4月に本格サービスを開始する。19年10月には基地局の建設が遅れて事業開始を延期したが挽回はできたのか。ダイヤモンド編集部では、楽天の携帯電話を実際に使い、そのネットワークの実力を徹底検証した。その結果を基に同社を取り巻く経営環境をつぶさに見てみると、楽天が抱える携帯事業の課題が浮き彫りになってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。