三陸海岸を縫うように走る三陸鉄道。岩手県や宮古市などが出資する第三セクターである同社は、地域の足として、また風光明媚なリアス式海岸を走る観光列車として、愛されてきた。東日本大震災は、この「地域の足」に容赦なく襲いかかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。