高齢化や核家族化により葬儀が縮小傾向にある中、冠婚葬祭互助会の従来のビジネスモデルが変革を迫られている。消費者トラブルも多く、今後、厳しい対応が求められそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。