日本の再生可能エネルギーの主役は、“陸”の太陽光発電から“海”の洋上風力発電に代わろうとしている。洋上風力発電の導入による経済効果は15兆円を超えるともいわれ、電力だけでなくゼネコン、総合商社、石油元売りなど多様な業界が群がり、バブルの様相を呈している。洋上風力発電の勝ち組になるのは一体、誰なのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。