「物言う株主」が日本の株式市場で存在感を増している。彼らはアクティビストと呼ばれ、上場企業の株式を取得し、経営陣に経営改革や株主還元を求める。コスト削減や不採算事業の撤退など、厳しい要求を突き付けることが多く、無為無策の経営者にとっては怖い存在だ。なぜ今、アクティビストは日本企業に照準を定めているのか。背景には何があるのだろうか。アクティビストの本場、米国の経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」の記事から、彼らの狙いや戦略を探っていく。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。