事故後1年半という時間を経て、放射性物質がどんな食品に出るかの知見は少しずつ集まりつつある。まず、セシウムに汚染された稲わらが全国に流通したことにより、昨年大騒ぎになった牛肉。いまだに全頭検査が全国の自治体で行われているが、ほぼ全量で検出限界値以下という状況は昨年の秋から続いている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。