ジニー・ロメッティCEO(最高経営責任者)ら米IBM幹部による“厳しい選抜”を経て、5月に日本法人トップに昇格した。早くから日本IBMにはサクセッションプランが導入されていた。「誰の後継者になるのかは分からなかった」ものの、年に1度のキャリアインタビューを受けていた山口明夫に社長の芽があったことは、本人も自覚していたに違いない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。