金融機関を担当するシステムエンジニア(SE)だった時田隆仁が、富士通の社長就任と同時にスーツを脱ぎ捨てた。「こちらの方が本来の姿」と言うだけあって、Tシャツとジーンズ姿が板についている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。