自動車からのCO2排出削減を図るために工夫すべきは、エンジンや燃料だけではない。タイヤの進化も不可欠だろう。タイヤのライフサイクルにおけるCO2排出量の約9割は、その使用段階で、車両の排気ガスとして排出される。したがって、転がり抵抗を低減し、車の燃費を向上させれば、CO2排出削減に大きく貢献できるわけだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。