不動産大手のような資金力はないし、じれったいところがあるかもしれないけれど、案件はまずリスクをきちっと押さえる。その上で技術とか、最先端の付加価値のある建物を提供することを評価してもらえるか、そういう立地か、相手かを、よく見極めてやるのが基本姿勢です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。