衆院議員の残り任期が8月30日で1年を切った。ちょうど3年前の衆院選で308議席を獲得して歴史的な政権交代を実現させた民主党政権は見る影もない。「名存実亡政権」に変質し、自民党総裁の谷垣禎一が指摘するように「政権の正統性」はとっくに失われている。常識的には野田が谷垣に明言したように「近いうちに信を問う」のが筋だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。