超低金利時代にあって、国が最低金利や償還時の元本を保証している点が魅力的な個人向け国債。「守りの運用」にうってつけの特徴を持つだけに、商品性を理解しつつ投資を検討したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。