スコットランドと英国の「離婚話」がBrexit後、再燃している。先月、スコットランドで英国からの離脱・欧州連合(EU)加盟の是非を問う調査がサンデー・タイムズ紙によって行われた。51%が英国残留、49%が英国離脱・EU加盟と拮抗している。さらに、過半数が英国からの独立とそれに伴う憲法改正の総選挙に賛成している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。