5月10日、訪問先のワシントンで米国側との通商協議“決裂”後、中国メディアの前に姿を現した劉鶴・国務院副総理は突如英語でこう言い放った。"The purpose decides everything(目的が全てを支配する)"

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。