敏腕マーケターとしてユニバーサル・スタジオ・ジャパンのV字回復に貢献した著者が、就活と社会への旅立ちを迎えた娘に書き記した『苦しかったときの話をしようか』。目次に「やりたいことが分からなくて悩む君へ」「自分の強みをどう知るか」「自分の“弱さ”とどう向き合うのか」などとあるように、就活生や若い勤め人たちが抱える疑問に答えます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。