細胞を擬人化したアニメ「はたらく細胞」は、体内で活躍する細胞の役割を分かりやすく伝える好作品だ。数あるキャラクターの中で筆者が一番好きなのは、かわいらしい「血小板ちゃん」たちである。幼稚園児の姿でありながら、多数が一斉に協力して傷口の修復現場で働いている様子がほほ笑ましい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。