「2007年の亥年の参院選で惨敗した。当時、総裁だった私の責任で、片時も忘れたことはない」──。2月10日に開かれた自民党大会の挨拶で首相の安倍晋三は7月の参院選に向けて危機感を煽った。さながら選挙直前の出陣式の様相だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。