ヘルスケア企業の“爆買い”を積極化させているのが共に写真フィルム衰退の打撃を受けた富士フイルムとコニカミノルタだ。従来持つ診断機器系に加え、ヘルスケア領域を拡大してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。