2019年のG20(20カ国・地域)首脳会議は08年に始まって以来初めて、日本が議長国を務める。貿易不均衡などをめぐり不協和音が高まるG20をまとめるのは容易なことではない。経常収支、財政収支、人口動態などさまざまなデータで不協和音の裏側を読み解き、解決の道筋を探った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。