首藤瓜於『大幽霊烏賊 名探偵面鏡真澄』は、昭和初期の精神科病院を舞台にしたミステリーで、隔離された患者は何者なのかというシンプルな謎をめぐって展開する。同時に古風な雰囲気を持つが、とはいってもおどろおどろしくはない。この点が読みやすい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。