本書の元ネタに当たる論文が文部科学省から賞を頂き、昨夏、同省で講演をした。私は米国の大学にいるので、最先端の研究について日本語で語る機会は少ないが、やってみると楽しかった。経済学的思考のエッセンスを一般の方にお伝えすることには、手応えも感じた。それが執筆のきっかけだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。