対米関係が2019年の最注目点だ。米国の政策立案エリートはロシアに厳しい姿勢を続けるが、トランプ大統領は依然好意的な発言を繰り返しており、ロシアはこの温度差に付け込もうとしている。実務上の問題や倫理を飛び越えて「グレートディール」を好むトランプ流が前面に出てきたことはその好機だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。