米国を除くTPP、正式にはCPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定。以下TPP)は、10月31日までに6カ国が発効に必要となる国内手続きを終え、寄託国のニュージーランドにその旨を通知したことで、今年の12月30日に発効することが確定した。ASEANからは、シンガポールがその初期発効メンバーに名を連ねた。また、ベトナムも11月15日に国内手続きの完了を通知し、来年1月14日には効力が発生する見通しとなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。