市場のイタリアへの警戒が続いている。ポピュリスト政権と欧州委員会の間で来年の予算をめぐる攻防が激しさを増している中、11月下旬にイタリア国債の金利が急上昇(債券価格は下落)した。一時期のギリシャのように、イタリアがユーロ圏を離脱し、ユーロ建て債務が新リラ建てになってしまうリスクも市場は意識し始めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。