日産自動車の経営陣は大きな賭けに出た。不正発覚を逆手に取り、独裁者を追放し、ルノーを通じて支配権を強める仏政府をけん制し、ドタバタに紛れて業績低迷の責任を不問に付そうとしている。しかし、ゴーン氏を排除できれば日産の経営が安泰に向かうというわけではない。四つの最悪シナリオを提示し、日産危機の本質に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。