11月27日のニューヨーク株式市場。米アップルが株式時価総額世界一の座を米マイクロソフトに明け渡した。時価総額の順位で両社が入れ替わるのは2010年以降で初めて。米ブルームバーグ通信のサイト上では「アップルの敗走でマイクロソフトは世界で最も価値ある企業に躍り出た(Microsoft Becomes World's Most Valuable Company After Apple Rout)」との見出しが躍った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。