欧米メディア上では「原油暴落(crude crash)」という見出しが躍っている。本当なのか? 数字の上では「暴落」という表現を使っても大げさではない。何しろ、原油価格は短期間のうちに直近の高値から30%も値下がりしたのである。10月初めに4年ぶりの高値を付けたばかりだというのに、一気に弱気相場(bear market)入りとなった(弱気相場は高値からの20%以上の下落)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。